FC2ブログ
HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>日記

読書感想

 
このあいだ道尾秀介の「向日葵の咲かない夏」という本を借りました。
よく解らないので読んで説明して欲しいとのこと。

なるほどたしかにぱっと見いろんな読み方が出来るし、ラストが解らないとモヤモヤする内容。
でもラストに関してはその数ページを丁寧に読めばひとまずスッキリするはず。
さらに作者の隠したヒントが散りばめられているので、読みながらもしくは読後に見つけてニンマリするという楽しみ方ができます。
例えばDズニーランドとかで隠しミッキーを探す感覚になものに近いのかな。
(Dランド一度しか行ったことないからよく知らないけど)


以下ちょっとネタバレ。


ラストシーンに出てくる父と母についてはあえて読者の想像に委ねられていますが、作中にヒントが何度か出てくるので作者的には明確な絵があるんだろうなと思います。

どうしても個人的に確信が持てずモヤモヤする部分があります。
それはタイトルの意味と油蝉が暗示しているものです。
自分なりの解釈ではちょっと決め手に欠けるので、半年くらい寝かせてもう一度読んでみようと思います。
 
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://bmbsnono.blog74.fc2.com/tb.php/698-a7a503f5

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。